ゼニカルを使う前に知っておくべきこと

ゼニカルは脂肪を30%もブロックしてくれる肥満治療薬ですが、使用前に知っておくべきことがあります。
脂溶性のビタミン・カロチンなどの吸収性が低下してしまうことです。
ゼニカルは脂肪の吸収をブロックするので、油に溶けやすい栄養素の吸収率が低下するのです。
この問題を解決するには、ビタミンやカロチンを多めに摂るしかありません。
市販のサプリを利用すれば問題ないので、この点は副作用と言えるほど深刻なものではないでしょう。
副作用としては、排便回数が一時的に増えること、まれにアレルギー症状が出ること、などがあります。
オーリスタットにアレルギー反応を示す方もいるので、はじめてゼニカルを服用する方は医師に相談したほうがよいでしょう。

ゼニカルの使用で注意したい点には、依存しすぎないこともあります。
服用することで以前よりも体重が増えてしまう方もいるのです。
本来であれば脂肪を30%もカットするので、確実に痩せやすくなるはずです。
しかし、ゼニカルを服用したことに安心して、大食いに走ってしまう方がいます。
確かに少しくらい多めに食べても太りにくくなりますが、許容量を超えて暴飲暴食してはいけません。
脂肪の元となるのが食事である以上、食べる量はコントロールする必要があります。

脂肪の摂取量が非常に多い方は、他のカロリーに置き換える対策も必要でしょう。
例えば、揚げ物の食べる量を減らして、御飯を増やすのです。
御飯の成分は炭水化物が中心なので、御飯で満腹感を促すことで脂肪の摂りすぎを制限できます。
理想的なのは野菜をたくさん食べるようにして、他の食材を減らすことでしょう。
1日350g以上の野菜を食べるようにすれば、ゼニカルの効果も出やすくなります。
ゼニカルの効果と効能